借入の方法と返済の方法について

大半の消費者金融では24時間の申請が可能となっており、返済や借入が好きな時に出来ます。

またその仕方もとても簡単で、何処にいてもすぐにキャッシングが可能になります。

借入れ

借入れの時はキャッシングカードを使う事により、例えばコンビニ、また提携されているAMT等によってキャッシングが可能になってきます。

そして返済も同様に提携されているATMより可能になります。

キャッシングが可能

また振込みでのキャッシングも可能で、これらは携帯電話やネットからも申請可能になってきます。

そして完了した後はあらかじめ指定された口座へと入金される事になりますので、とても便利である借入の仕方になってきます。

近頃はこの振り込み式のキャッシングが多くなり、カードそのものを使用しない業者も多くなっている様です。

返済の仕方

また返済の仕方は、指定口座に振り込んだり、口座引き落とし、また店頭やATM、そして自動貸付機を使った返済等も可能になってきます。

また業者により、現金書留が使える時もあります。

この様にその借入はとてもお手軽に行う事が出来ます。

その様な事もあり、借入と言うよりかは何か銀行よりお金を下ろすみたいな感じになってくるかと思います。
しかしこれらはあくまで借金なので、その事をよく理解しておいて下さい。

キャッシングの感じが無くなればその支払にも困窮してきます。

きちんと返済計画を立てて借入をする必要が出てきます。

これはとても大切な事なのです。

事前に消費者金融のWEBページなどで、返済のシミュレーションを行ってみるのもいいかもしれませんね。

 

業者へのインタビュー(現金化の生の声)

この前、現金化業者のスタッフにインタビューをしたのですが、現金化業者に対してある誤解をしていたことが分かりました。

インタビューをするまでは個人の人ばかりがクレジットカードの現金化をしているのだろうと思っていました。

コーポレートクレジット

現金化業者のスタッフさんいわく、コーポレートクレジットが7割程度を占めているのだそうです。

業者へのインタビュー

法人用のクレジットカードのことをコーポレートクレジットと言います。
つまり個人で現金化をする人よりも、法人が現金化をしている方が多いのです。

個人でお金が必要になった場合、そこまでの金額が必要ではないということが多いため、家族などからお金を借りるという手段もあります。

資金繰り

法人の場合、相当のお金が必要になる上に、銀行に融資をしてもらうとなると、かなり審査が難しいため、現金化をして資金繰りをしているケースが増えてきています。

経営状況が悪いと、お金を借りたくても銀行に融資を断れてしまうことになりますが、現金化であれば、審査なしでお金を借りることができるようになっていますから、新しい資金の調達方法としてクレジットカード現金化が利用されるようになってきているのです。


最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

タグ

カーローン 住宅ローン 取引 消費者金融カード