昔から愛用されているウォークマン

今では誰もが活用しているウォークマン。携帯で十分だと思っている人もいるでしょう。しかし、SONY製のウォークマンは今も進化をし続けてていて、高機能で高性能な割に価格はお買い得ということになります。ここではウォークマンの歴史について書いていきますのでよろしくお願いします。

ウォークマンの歴史は?

初代のウォークマンは海外と違う名前で発売されていました。アメリカの人が他の名前を提案してきても、却下して、日本はウォークマンで売り、他の国はそれぞれ違った名称で販売を始めました。しかし、日本ではウォークマンが爆発的にヒットして、商品名と共に海外へと評判が知れ渡っていきました。
そういった中で、和製英語であるが世界中全体を「Walkman」という名前で統一しようといった答えになりました。

それからカセットウォークマンやCDウォークマン、MDウォークマンなどに進化していきました。

主流はCD・MDからフラッシュメモリ-へ

カセットやCD、MD などの固体化した媒体を持ち歩くウォークマンの時代から、フラッシュメモリ-にデータを移動させてコンパクトに聴くという時代に変わってきています。フラッシュメモリ-タイプとはSONY Walkman Fシリーズといったウォークマンの製品名です。データがデジタル化されることで、大容量の音楽データを持ち運べるようにしました。

SONYから誕生されて今も愛用され続けているシリーズ

SONY ウォークマン EシリーズやAppleではiPod touch iPod nanoであったりなど。SONY製の物はWシリーズであったり、S,A,F,Zそれぞれのシリーズがある。通販市場ランキングではいつもEシリーズが上位に表示されていますが、それぞれに特徴や価格から選ぶことになるので、絶対にEシリーズWalkmanがおすすめというわけではありません。

時代はデジタル化している

ウォークマンはデジタルオーディオをコンパクトに持ち歩くといった形になっています。