気軽に音楽を聴くカタチを与えたアイテム

ポータブルオーディオといっても、色々な種類が今まで発売されてきました。カセットテープからCDにMD、そしてデジタルオーディオプレーヤーといった過程ですね。ここでは、ポータブルオーディオプレーヤーの歴史を辿って行きたいと思います。興味のある方は見ていって下さい。

ポータブルオーディオの移り変わり

最初はカセットからCDにそしてCDかMDのどちらかでしたね。コンパクトさをえらぶならMDプレーヤーでした。そこからデジタル化の音楽として扱われるようになり、SONY ウォークマンなどの色々なデジタルオーディオが登場してきました。

今ではデジタルのポータブルオーディオプレーヤーが主流になっていて、軽量でスリムの上に何万曲も歌が入るので自然に流れはそちらへと向かって行きましたね。

CDオーディオプレーヤーからMDオーディオプレーヤーへ

当時は若者に人気とされていたのがポータブルCDプレーヤー。CDがメインで発売されている時代ではかなり重宝されていました。少し大きくて重かったのが特徴ですね。音質はCDの物をを入れているのでかなり良いでしょう。しかし物なので壊れてしまうリスクもありました。

次に登場したのがMDプレーヤー。こちらはかなりコンパクトになっていました。そしてアルバム曲の中でも好きな曲だけ取ることもできたので、自分だけのプレイリストを作ったMDを聴くことが可能となっていました。

フラッシュメモリ-タイプも続出

だんだんとコンパクト化されてきて、フラッシュメモリタイプで聴くデジタルオーディオが主流となってきました。このころから、デジタルのポータブルオーディオが流行します。

現行のスマホをコンパクトにしたサイズ

スマホは年々でかくなっていますが、ウォークマンは更にコンパクトになっています。持ち運びがしやすいので、音楽視聴はウォークマンでして他の作業をスマホですると、電池切れも起こさなくて済みます。