音質などの品質が向上している

ポータブルオーディオプレーヤーがCD・MDのプレーヤーからデジタルオーディオプレーヤーに変わっったことによっての違い。そしてその良さなどをココでは書いていきたいと思います。デジタルオーディオプレーヤーといったウォークマンなどを購入予定の人は参考にしてください。

ポータブルオーディオプレーヤ-とデジタルオーディオプレイヤ-の違いとは

結論から言いますと、曲がデータ化できるようになったので容量のある限り何曲でもオーディオに入れておけることです。以前までのものは十数曲しか入りませんでしたが、現行のウォークマンは1番スペックの低いやつでも千曲以上は、入ると言えるでしょう。ですので、軽量化にもなったし、音質も変えられるので品質自体が向上したと思えます。

便利さで言えばデジタルオーディオ

持ち運びにコンパクトなサイズなものばかりですし、基本的に媒体が薄型です。曲の試聴も液晶を見ながら使えるので、操作性も抜群でしょう。それとプレイリストを作って、好きな曲を順番に再生できるというのは誰もが待ち望んでいた楽しみではないでしょうか。

軽量で大容量、そしてコンパクトな薄型デザイン。これなら胸ポケットに入れておいても大丈夫ですね。

音質を上げることも出来る

インポートする時に変換をさせることを尋ねられることがあります。その場合にmp3で保存する場合は書き出しの数値を上にすれば、容量は大きくなりますが音質向上になります。快適なmp3を聴きたいという人にはおすすめのポータブルオーディオです。

パソコンに取り入れて管理できる

CDやMDは、焼いた後で編集できるものがなかったのですが、データですとバックアップもパソコンにとっておけます。さらにパソコン上で聴く歌・聴かない歌の追加/削除が出来ます。プレイリストも管理できますし、色々と便利になっている所は目まぐるしいほどです。

これだけの技術がもっと進化するのを期待すると胸が膨らみますね